JMS人と醫療のあいだに

英語版

JMS人と醫療のあいだに

  1. TOP
  2. JMSとは
  3. Our Spirit ?かけがえのない生命のために?

Our Spirit
?かけがえのない生命のために?

大切にしているのは、現場への共感。
醫療従事者たちの「聲」を問題解決につなげていく。

醫療従事者の方々に寄り添い、現場の課題を見つけ、+αの価値を持つ
製品開発につなげるのがJMSの特長。「醫療に攜わる人たちが本當に
求めているものは何か」を追求する姿勢は、創業當時から受け継がれています。

  • 畫像

    創業者である醫師の
    「現場主義」の姿勢を継承

    1965年、醫師の土谷太郎が醫療機器のディスポーザブル化に取り組み、立ち上げた會社がJMSのはじまり。當時の日本では、醫療機器を洗浄?消毒して繰り返し使っていたことが原因と考えられる発熱などの副作用や院內感染が問題になっていたのです。現場の課題を知り、その要因を分析、解決に向けて手立てを打っていく創業者の姿勢は、JMSのアイデンティティとして全社員に受け継がれています。

  • 畫像

    現場訪問?ヒアリングによる
    細かなニーズの把握

    私たちJMSは現場に自ら足を運び、課題を「実感」することを大切にしています。各醫療機関への現場訪問を重ね、醫療現場が抱える課題を細かな部分まで観察?ヒアリング。醫療従事者はもちろん、ときに患者さんのご意見を伺う機會も設けています。そこから導かれるニーズを営業?開発?生産部門が共有することで、JMS獨自製品の開発、ひいては醫療現場の課題解決に役立てています。

  • 畫像

    培った技術をもとに、
    安全?効率面など
    JMSならではの付加価値を追求

    醫療現場の課題解決に貢獻する製品を送り出してきたJMSには、さまざまな獨自ノウハウが蓄積されています。開発?生産の対象となるのは、醫療製品はもちろん、醫療機器やそれを動かすコンピュータシステムなど。これら培ってきた技術を活用し、進化させながら、自社開発に加え、國內外の研究機関?企業とともに、新たな価値の提供につなげています。

<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <网址链> <网址链> <网址链> <网址链> <网址链> <网址链>