JMS人と醫療のあいだに

英語版

JMS人と醫療のあいだに

  1. TOP
  2. IR情報
  3. 経営方針
  4. 社長メッセージ

経営方針

トップメッセージ

代表取締役寫真

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御禮申し上げます。

當社グループの業績は、日本國內においては、醫療機関における外來患者の受診控えや不急の手術?処置の延期などの狀況に回復の傾向がみられることから、売上高は増加しました。

また、新型コロナ対策としてワクチン接種が進展するなか、新たに開発したワクチン接種用シリンジの供給を開始しました。

海外においては、AVF針(血液透析用針)の販売が中國や歐州において透析患者數の増加やシェア獲得などにより拡大した一方で、コロナ禍による外出制限等に伴い、血液事業における採血數の減少影響を受け、血液?細胞領域の製品を中心に売上高は減少しました。

この結果、當第2四半期の売上高は、前年同四半期に比べ3億75百萬円増加の282億75百萬円(前年同四半期比1. 3%増)となりました。

利益につきましては、増収効果の一方で、海外生産拠點の現地通貨高や原材料価格の高騰による原価率上昇の影響を受けたことに加え、販売活動の段階的な再開に伴う販売費の増加により、営業利益は6億14百萬円(前年同四半期比41.2%減)となりました。

また、持分法による投資利益の減少に対し、為替差損が減少したことから、経常利益は6億83百萬円(前年同四半期比39.4%減)となり、特別利益で補助金収入が前年同四半期に計上されていることから、親會社株主に帰屬する四半期純利益は4億97百萬円(前年同四半期比53.1%減)となりました。

配當金につきましては、利益配分に関する基本方針に基づき、1株につき8. 5円とさせていただきました。

當社グループは、新型コロナの一日も早い収束につながるよう、今後も市場で求められる製品の供給體制を強化し、醫療機器メーカーとして引き続き貢獻してまいります。

株主の皆様には、今後とも格別のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


2021年12月

<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <网址链> <网址链> <网址链> <网址链> <网址链> <网址链>